山梨県でローコスト住宅の平屋住宅建築はフラットハウスにおまかせ
ローコスト住宅の平屋はFLAT HOUSEからのお知らせ
エイジング加工のローコスト住宅のを建築するBerrys Home accessmap 詳細のaccessmapはこちらから

フラットハウスで自分らしいライフスタイルで
愉しみながら、シンプルに暮らす

平屋と聞くと戸建賃貸のアパートをイメージしてしまうのは私だけでしょうか?

それが、最近では平屋とは言わず、フラットハウスと言うんですね。
なんかオシャレな感じがします。

日本の平屋住宅 米軍ハウスにある平屋住宅(フラットハウス)

フラットハウスと聞きなれない言葉を調べてみると、米軍ハウスにたどり着きます。
今度は米軍ハウスを調べてみると・・・
50年以上前に横田基地や入間基地の近隣に米軍の将校が家族で住む為の賃貸住宅をアメリカ的な設計で日本人の大工が建ててたんですね。
これを米軍ハウスと言うんです。

ちなみに現在残っている米軍ハウスは1ヵ月のお家賃12万以上だそうです。
50年以上前の物件ですよ。

なぜ詳しいかって、実は弊社の造形作家のH氏が去年まで住んでました。
凄くオシャレでしたが、古くて寒くて暑くて隙間風ピューピューでしたがね。
しかも・・・
アメリカ的設計の家ですから室内土足です。
私は無理です。

そんな事も頭の隅に置きながら近年の住宅事情を考えてみると・・・
近年、家族の形態は以前のような大家族から核家族へと変化し、夫婦だけ、夫婦と子供1人なんて家族構成も珍しくなくなりました。

そして現在の日本経済は1部のお金持ちの方を除いてはどん底なんです。

給料上がらないし・・・

ボーナスないし・・・

こんな時代ですから家に対する考え方も二極化してきてます。

『一生住む家だから、こだわって建てたい』→ベリーズホームへどうぞ★リンク★

『家は家族が入る箱なんだら住めればいい。そんな事より旅行など家族の時間にお金を使いたい』

低価格で安心して老後まで暮らせる家を

こんな方に住んでもらいたく今回は米軍ハウスのオシャレ感は残しつつ、ベリーズホーム的なフラットハウスのご紹介です。

まず開発にあたり、一番こだわったのは、無駄な空間は無くしてシンプルな間取りにし、コストの徹底的な見直した結果2LDK 20坪 本体価格950万円という価格になりました。

なぜ本体価格の表示かって・・・
それは土地によって水道工事の条件が違うからコミコミ表示が難しいんですね。(決して安く見せて誤魔化してるわけではありません。)

低価格にこだわったのは、私のような中年以上の方、もしくは将来の不安がある若い方に賃貸から脱出するお手伝いが出来たらよいなと考えたからです。

住みだし価格と返済の例

これなら安心して暮らせて、家族の時間にお金が使えると思うんです。
本当の豊かさについて多くの人が考え始めた今、ベリーズホームがこういった家族のご要望にお応えしていくうちにたどり着いたのが「フラットハウス」という住まいになりました。

追記 土地の値段のお話です。

4年前に某不動産会社の社長さんに『お客さんの為に600万円位の土地捜して下さい』ってお願いしたら、返事は一言『金になんねーからそんな土地ねえよ。1000万円以上じゃなきゃさがさねぇーよ』って言われ悔しい思いをしたのを思いだしました。

その社長さん今では600万円り土地を平然と売っております。
あっ愚痴っぽくなりすみません。
そうなんです。
この4年間で土地の価値はそこまで下がったんです。

先日、笛吹市境川を希望するお客様の土地を探していると、60坪200万円という土地がありました。
近隣の家との距離が近かったので(200万円じゃ最高ですが・・・)やめましたが。
南アルプス市、笛吹市(境川・八代・御坂)等々少し甲府から離れれば350万円~450万円位で普通に土地は見つけられますよ。

ローンの目安計算方法

ページ上部に