山梨県でローコスト住宅の平屋住宅建築はフラットハウスにおまかせ
ローコスト住宅のかわいい平屋はFLAT HOUSEからのお知らせ
エイジング加工のローコスト住宅のを建築するBerrys Home accessmap 詳細のaccessmapはこちらから

フラットハウス(平屋)のメリット・デメリット

フラットハウス(平屋)のメリット

・バリアフリー

フラットハウス(平屋)は1階で生活の全てを完結させることができますので、2階建てとは階段がないことで横動線でつながっているため暮らしやすいと言えるでしょうね。
設計の工夫次第では、エントランスから部屋の中まで段差をほぼ無くしたバリアフリーな平屋を実現することも可能です。
バリアフリーを考えた時に、フラットハウス(平屋)住宅にするメリットは大きいでしょう。

・冷暖房効率の良さ

フラットハウス(平屋)は、2階建てと比べると生活空間がコンパクトにまとまりますので冷暖房効率も良くランニングコストも安くなります。
エアコンの設置数自体も減らせますから、暖房や冷房機器へのイニシャルコストも抑えることができます。
部屋の上下の温度差が少ないのもメリットですね。

・掃除がラク

子供が家を出た後の子供部屋を物置として使っているご家庭もありますが、使っていない部屋でもホコリはたまります。
平屋であれば必要最小限のスペースしかありませんのでお掃除の手間もかかりません。

・メンテナンスコストの削減

将来、外壁塗装や内装のリフォームをする時も表面積が狭いのでコストを抑えることができますし、子供世代に住み継ぐ際にも増改築しやすいです。

・避難のしやすさ

平屋であれば、万が一の家事や地震などの災害時に、どこからでも避難することができます。
また、2階建てだと2階の床が落ちて潰されてしまう可能性もありますが、平屋であればこうしたリスクも低くなります。

フラットハウス(平屋)のデメリット

・コストが割高

同じ敷地に2階建てと平屋を建てる場合を比べると、どうしても平屋の方が屋根の面積と基礎の面積が2階建に比べて2倍になりますから割高になります。

防犯対策がより大切になります。

寝室が1階になる為、防犯対策により気を配る必要があります。

・プライバシーを考慮

洗濯物も着替えも1階でせざるを得ませんので、カーテンやブラインドや外構によって、外と視線が合わない工夫をする必要があります。

・日当たりのリスク

平屋を建てた後に隣の敷地にマンションが建った場合(山梨県の場合なかなかありえませんが)、日当たりが悪くなる可能性が2階建てよりも高いです。(マンションガ建てば平屋も2階建も同じですが・・・)
また、平屋はどうしても平面的ですので、日当たりが良くない部屋が出ることがあります。

・周辺環境とのギャップ

周りが二階建ての家ばかりだと、平屋=小さい家というイメージを持たれる可能性があります。

ページ上部に