山梨工務店 キュートでローコストなデザイン住宅建設 ベリーズホーム

Pickup Menu

Movie Menu

  • 山梨工務店ベリーズホームの建築した新築住宅1
  • 山梨工務店ベリーズホームの建築した新築住宅2
  • 山梨工務店ベリーズホームの建築した新築住宅3

山梨リフォーム特集

山梨リフォームなら 山梨県下リフォーム低価格No,1宣言

山梨 耐震相談 耐震診断 耐震補強工事

山梨県の 無料 耐震相談 耐震診断 耐震補強工事

空き家 空き地 売却 管理

山梨県の空き家、空き地の売却・管理のご相談

Berrys home 愛媛

ベリーズホーム愛媛

理想の家の値段

まず皆さんに最初に聞かれるのが

『ベリーズホームは坪単価いくらで建てれますか?』

そんな時に、私は『弊社は坪単価いくらとはお答えできません』ってお答えしてます。

なぜならお客様の好みによって坪単価は大きく変わってしまいます。

例えは30坪のお家に300万もするキッチンをどうしても付けたいって言われる奥さんがいたとしますよ。

これだけで坪単価10万円もアップしちゃうんです。

このお話をすると、建築業界の批判になってしまいますからお話したくないのですが物事をハッキリ言いたい私、根本の性格上あえて発言しますから読みたくない方はここからは読まないで下さい。

さてさて本題に入ります。

そもそも坪単価でのお客様へのご提案は日本の建築業界の悪習なんです。

こんなことしているからいつまでたっても日本のハウスメーカー・工務店は本当に性能が良くて、お客様こだわりのデザインの家を、低価格で造れないんです。

皆さん私が何を言っているか???でしょう。

坪単価でのお見積りは悪習ですよ。

良く考えてみて下さい。

広告などに書かれている坪単価って建築会社がお客様の希望も聞かずに決めた価格・仕様なんですよ。

言ってしまえは机上の空論です。

建築会社は勝手に決めた標準仕様よりお客様の希望が上回って赤字になるのが、怖いから最初から坪単価を上げて利益の安全マージンを取るんですね。

または、魅力的な低価格の坪単価でアパートみたいなしょぼい仕様契約しておいて、お客様が標準仕様で納得できず仕様アップしたら最後に何百万もの追加金発生の一丁あがりです。

ちゃんとした計算して契約してないから後出しジャンケン? プチボッタクリ? なんですね。

要は、前者も後者も悪なんです。

じゃあ、どうすれば良いかって!

簡単ですよ。

建築会社には、お客様と契約してもらう前に、図面を書いて、デザイン的要望をすべて聞き取り、建材のグレードも仮決定し、原価計算からしっかりしてもらい、積算書を提出してもらいお客様は建築会社と契約すればいいんですよ。

そうすれば、プチボッタクリ?のような安全マージンを取られないでいいし・・・

仕様は全て決定しているから、後出しジャンケン?のような最後に何百万もの追加金も発生しないから本当に安くて素敵なお家が作れるんです。

アナタ!

私はそんなトリックに引っかからないから大丈夫って言っている

お家は人生で一番高額で一度しかない買い物ですよ。

積算書類

お金を携わっている仕事をしている方以外は、自分のお財布の中のコントロールは不可能に近いですよ。

 

積算書を作れば良いんです。

積算書を作れば、私達建築会社は工事着工前から利益確定が出来るんです。

双方にとって、こんな良い方法をなぜしないで、未だに坪単価の会社が沢山あるかって?

それは建築会社の利益優先体制の問題なんですね。

契約してくれるかわからない、お客様の為に図面を書いて、デザイン的要望をすべて聞き取り、建材のグレードも決定し、積算して1ヵ月近い時間と労力かけてくれない。

儲からない事はしたくない!

また、しっかりした積算してしまうと、適当な坪単価計算している会社と、お客様に合い見積もりされると負ける可能性が高いからです。

本当にくだらないですね。

 

決して、自慢じゃないですよ。

自慢みたいになりますが、はっきり言いきります。

私達ベリーズホームは、ご契約前に図面・デザイン的要望・建材のグレードを仮決定し1級建築士が1ヵ月かけて1000項目44枚の積算書を作成し、2時間かけてお客様が理解してもらえるように、ご説明させて頂きます。

当日は、1000項目44枚の積算書はお持ち帰り頂き、冷静にお客様に、この仕様で良いか考えてもらい、細かな仕様調整した後、金額・仕様がご納得できたらご契約してもらってます。

これが本当の理想の家のスタイルと値段です。