山梨工務店 キュートでローコストなデザイン住宅建設 ベリーズホーム

カワイイお家の絶対条件は『外壁の塗り壁』ですよね。

塗り壁の外壁は、サイデングパネルには出せない手作りっぽい感じがGOODですよね。

でも、塗り壁って聞くと、ひび割れがしやすいんじゃないか?って不安になる方もいらっしゃると思いますので少しお話をしますね。

先日車で走っていて発見したのですが、某ホームセンターの裏の住宅街の1軒のお家の塗り壁のひび割れが酷い。

しかも補修した跡のミミズがはったような跡も酷い。

お施主様は、なんで外壁のやり直しを言わないのだろう?

工務店がやり直し工事をしてくれないのか?

建物が特徴的なので、どこの工務店さんが建てたのか一目瞭然なのですが、あまりにも酷すぎます。

たしかに、こんな可愛そうなお家を見れば皆さん不安になるのも、ご理解いたします。

それでは、ベリーズホームの採用している『ノンクラック工法+漆喰の塗り壁』をご説明したいのですが、それだけではもったいないので、他の外壁材と比較をしてみましょう。

日本の家の定番!サイディングパネル

サイディングパネルの外壁
●メリット
工事が安易です。だからほとんどの家がこれですがね。
一般的だから普通だから安心?

▲デメリット
パネルとパネルのつなぎ目に小ーキング(シリコンゴム)を使いますが、これが10 年の保証しかありません。
逆を言えば10年すると小ーキングは絶対にダメになり、壁からの雨水の侵入の原因になります。
これを補修するのであれば10 年に1度40万円程度かかると思います。
まぁほ とんどの家が放置してますね。

モダン系なお家にはピッタリなガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板の外壁
昔で言うトタンですね。
●メリット
現在は錆させない為にアルミを55%混ぜてますので絶対に錆ません。
板と板を大きく重ねて施工しますからコーキングを必要としません。

▲デメリット
強風時にパタパタとなく時があります。
厚さが0.4mmの金属板なので比較的へ こみやすいです。
へこんだ場合、修復が大規模工事になります。

科学の力で出来た樹脂系塗り壁風塗装材

塗装した樹脂系塗り壁
ぱっと見、本物の漆喰の塗り壁に見えます。
でも漆喰ではありません僕が嫌う工業製品です。
工業製品はいくら本物に似せて作っても偽物です。
偽物は必ず歪がくるから嫌いです。

●メリット
さて本題に入りご説明しますと、樹脂系塗り壁材とは弾性的な塗り壁の材料です。
洋服で例える ならノビノビジーンズでしょぅか。
樹脂系なので色は沢山あります。
塗り壁の家のほとんどがこれです。
施工が超簡単ですので普段塗り壁をしてない建築会社でも施工が可能です。
コーキングは使いません。

▲デメリット
樹脂系塗り壁材は樹脂の力で防水性能を保つわけですが8年程度で色がさめ、防水がきかなくなります。
色がさめてしまうと汚れは付きます。
北側など日陰はカビが出やすいです。
再塗装は70万円~です。

100%自然素材の塗り壁(ノンクラック工法+仕上げ材は漆喰)

漆喰の塗壁
本物にこだわりたい!ベリーズホームはこの工法で仕上げてます。
●メリット
ノンクラック工法とは、仕上げの漆喰を割れなくする為に壁に金網・硬さが違う コンクリート3種類・ファイバーネットで造る下地です。
筑波大学の耐震実験機で震度5まで割れないと実験済みです。
実際には東日本地 震で震度5強の茨城県で割れてないお家を僕が見てきました。
(一般的なサイディングパネルでも震度5でコーキングは切れてしまいます)
漆喰の汚れについては、昔のお蔵を思い出して下さい。
真っ白いですよね。
漆喰はアルカリ性で殺菌作用を持ち、汚れにくく、二酸化炭 素と反応して硬化する「気硬性」という性質を持っているので時間が経てば 経つほど硬くなり、それは100年続くといわれています。(フランスでは100年で 岩になると言われてます。)
コーキングは使いません。

▲デメリット
赤・黒・茶など濃いめの色が選べない。

根本の個人的な総評

サイディングパネル・ガルバリウム鋼板・樹脂系の塗り壁と外壁材は様々ですが、ベリーズホームのお家の外壁には、ノンクラック工法+仕上げ材は漆喰がベストだと思います。
日本が開発したサイディングパネルは最初はパリっとしていてキレイですが、古くなると汚くなります。これは日本の製品の特徴でしょう。
ガルバリウム鋼板を選ぶ方は黒を好む方が多いと思いますが塗装がどこまでもつのか、いささか不安はありますね。
樹脂系塗り壁は樹脂系ならではの再塗装のリスクがあります。
漆喰が絶対に最高だとは言えません。
みな一長一短はありますが、100%の外壁材などありません。
汚れにしても漆喰は絶対に汚れないとは言い切れませんが、例え汚れたとしても、それは本物のかもしだす味といえると思います。
どんなものでもそうですが、本物は古くなっても味になります。
余談ですが地中海地方のお家は外壁が割れたら、お父さんが割れたとこに上が漆喰を塗って 補修するそうです。
いつ来てもおかしくない大型地震がきて、もし外壁が割れてしまったら海外のように補修したら良いと思います。
そのツギハギ跡も味だと私は思います。
(サイディングパネルだったらと想像す るだけでゾッとしますね)
まぁそんなに簡単に割れませんが。ちなみに今まで一度も割れヒビが入った事は ありません。

ノンクラック工法+漆喰の塗り壁最高~ですよ!